textolog

    気になるネタをつまみます。

    2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    PS3修理完了

    赤点滅で修理に出していた我が家の初期型PS3ですが、先週Sonyから戻って参りました。
    厳密に言えば現行160GBモデルに有償交換(16,800円)したので修理では無いのですが、ネットの噂通り送って戻るまで新品交換でも3週間かかりました。

    修理後、前の初期型に突っ込んでいた500GB HDDをそのまま突っ込んで起動してみた所、「最新のシステム入れろやコラ」とつれないメッセージが表示されたので、手持ちのUSBメモリスティックに入れPS3のUSBポートにサクッと刺して「Select+Start」ボタン同時押しで勝手にフォーマット後システムのインストール開始。

    ここで気を付けるべきはHDDのフォーマットをしてしまうので、ゲームのセーブデータや、ダウンロードコンテンツが消えてしまうこと。
    今回自分は大切なデータは無かったのでいいですが、これ普通に考えたら相当辛いですよね?
    壊れていないPS3同士なら、USBケーブルでデータの引っ越しが行えるからいいとして、壊れたPS3からどうやってリカバリするのでしょう?普通にSATA->USB変換ケーブルでPCにマウントさせれば、セーブデータの救出が出来るのかな?ああ、試せば良かった。大体そんな事一般のユーザーにはなかなか出来ないですよね。

    あとは覚悟していたのですが、torneで録画した番組は内蔵HDD、外付けUSB HDD両方とも視聴不可となっていました。外付けHDDに以前録画した動画はtorne側からは消す事もできないので、Windowsマシンに繋いでフォーマットし直してから設定し直しました。今回はこれが痛かったです。ああ録りためたドラマが…。

    旧型から現行モデルに換えてみると、やはりその小ささに驚きです。正直質感もデザインも初期モデルが上ですが、大きさと静かさで現行モデルがいいですね。今回は修理ではなく買い替えなので、5千円以上するDual Shockコントローラが1個同梱されていましたので、12,600払って基盤交換するよりもおトクだったのかもしれません。
    スポンサーサイト

    | Game | 11:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。