textolog

    気になるネタをつまみます。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    3Dプラズマか?3D液晶か?それが問題だ

    3Dテレビ苦戦中

    Panasonic 3D VIERAを発表した時点ではメーカーの予想を超える反響の高さに驚き、
    「こりゃー行ける!」と3Dを全面に押し出した広告展開をした。

    しかし、いざ販売してみると一応興味は持ってくれるが、ソフトの少なさ、
    価格の高さ、映画ほどの3Dの迫力は味わえない等々、市場の反応はイマイチで
    Panasonicが期待したほどの売り上げに至っていない。
    しかも、ライバルの参入によりフラグシップモデルだけの高付加機能だったはずの3D機能が、
    当たり前の様に値下げ競争に引き込まれる事になり、3Dを前面に押した広告より、
    「3Dにも対応します」的なトーンに落ち着き始めている。

    「それなら3Dいらない?」かと言うと実はそうでもない。

    3D映像は右目と左目の映像を交互に表示するため、毎秒60フレームの倍、
    毎秒120フレームを表示できる高速な描画性能を必要とする。
    それ以下の速度では「クロストーク」と呼ばれる残像かぶりが発生し映像がボケてしまう。

    「クロストーク」を減らすためVIERAではプラズマパネルを改良し、
    従来のパネルを超える、高速なプラズマパネルを開発した。
    そしてその副産物として、通常の2D映像も高速化により非常に
    キレのある鮮やかな映像を実現した。
    結果、従来最高画質とされたV・GシリーズよりもVTシリーズの方が高画質となった。
    少しでも画質の良いプラズマテレビを選びたいなら、現状では3D対応モデルとなる。

    描画の遅い液晶は3Dが苦手

    元々高速な描画に強いプラズマはほぼクロストークは抑えられているが、
    描画が低速な液晶陣はそうは行かない。現状の液晶パネルではクロストークを
    根本的に抑える事ができない。
    各社相当苦労してかなり強引な方法でクロストークを「誤魔化して」いるが、
    根本的な解決には至っていない。
    更に、視野角の問題もある。実際に量販店で試して貰えば解るが、
    プラズマは多少首を傾げたり、視聴ポイントを外して斜めからでも3Dに見えるが、
    液晶では視聴ポイントを外すと3D効果が薄れる。
    今後は真っ先に改善されるべきポイントだ。

    今買って少しでも長く使いたいなら

    まだまだ発展途上で、メーカー自体もどう売るべきか手探りな3Dテレビ。
    しかし、アナログ停波もせまり、現時点で画質の良いモデルを
    少しでも長く使いたいのであれば3Dモデルを選ぶのもあり。
    またどうせ買うなら、多少高いが3D液晶より3Dプラズマモデルを選ぶのが良い。






    | 家電AV製品 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://textolog.blog135.fc2.com/tb.php/24-98203251

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。