textolog

    気になるネタをつまみます。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    AppleがiOSの開発者規約を緩和、再びFlashによるApp開発が可能に

    朗報なのかどうなのか…。

    AppleはFlashによるアプリ開発を締め出した「3.3.1節」などを改訂し、今後はiOSアプリの開発にFlashなどの自社製以外のサードパーティのツールが利用できる様に規約を変更したとの発表があったそうです。→元記事


    これはこれでApp開発の敷居が劇的に下がり、より沢山のアイディアに溢れたAppが登場する事に期待が持てるのですが、反面、開発の敷居が下がるため、ゴミみたいなAppが増える可能性もあります。
    プログラマーさん達は「遅くてバギーでメモリ喰い」なFlashを嫌いな人も多く、複雑な気持ちでこのニュースを聞いているのではないでしょうか。

    HTML5への移行も踏まえて脱Flashに向かう業界としては、やり過ぎ気味なAppleの「Flash締め出し」のやり方も、「その気持ちも判らない訳でもない」との意見もありました。
    個人的にも、様々なツール使われて、出来の悪いソース吐き出されて重いAppを使わされるよりは、一貫性のあるクリーンな環境で作られたAppを使う方がマシな気がします。


    とは言え、反対に誰でも簡単に痒いところに手が届くようなAppを手軽に作れてiPhone/iPadで使えたらさぞ楽しいだろうなぁ…って事で、iPhone / iPadで動作する「HyperCard」の様な手軽な開発環境を提供してくれませんかねぇ…Appleさん。

    | iPhone | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://textolog.blog135.fc2.com/tb.php/53-1d6b41de

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。