textolog

    気になるネタをつまみます。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    Panasonic 新DIGA 2010モデルが本日発売

    新DIGA全機種100GBディスク(BDXL)に対応、

    9/15 Panasonic DIGAシリーズの新モデルが発売され、上位機種6モデルがリプレースしました。
    全機種100GBブルーレイディスク(BDXL)に対応し、フルハイビジョンW12.5倍録画(最下位モデルのみ10倍録画)、実物を見ると驚く199mmの奥行き(最上位機種は239mm)。

    ●3D対応モデル
    ・DMR-BWT3100…2TB HDD、無線LANアダプタ同梱
    ・DMR-BWT2100…1TB HDD、無線LAN対応(アダプタ別売)
    ・DMR-BWT1100…500GB HDD
    ●3D未対応モデル
    ・DMR-BW890…1TB HDD、無線LAN対応(アダプタ別売)
    ・DMR-BW690…500GB HDD
    ・DMR-BR590…500GB HDD、YouTube未対応、お部屋ジャンプリンク(DLNA)サーバ機能無

    新モデルはかなり様々な点で機能強化がされており、著作権保護されたBDからHDDへのムーブが可能になり、ダビング速度の高速化もされていたり、かなりの弱点が潰されています。

    特に便利だと感じたのはDLNAの強化で、HDD内蔵 REGZA等に録画された番組をDLNA経由で録画・ダビングが可能になっていたり、BS/CS等の有料放送を1契約のまま、タイムシフト機能を利用して別室への転送視聴※が可能になっていたりと「怒られないのかい?」と突っ込みたくなる機能も盛り込まれています。
    (※2010年春以降に発売されたお部屋ジャンプリンク(DLNA)対応VIERA等の機器が必要)

    現状もっともシェアの高いPanasonicが全モデルBDXLに対応し、最低HDD容量を500GBに設定して来た所を見ると、これから年末商戦に向けて、BDXLに未対応だったりHDDが500GBを切るモデルは値下げ傾向が続きそうです。




    | 家電AV製品 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://textolog.blog135.fc2.com/tb.php/54-9a0740d8

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。